トップページ | ゲイミンカン »

2010/02/25

お手入れ

塗装は植物性のオイル・ワックスが主です。

オイルは木の呼吸を妨げません。

木の質感そのままで使い込むうちに色艶が深くなり

美しく年月を重ねて風合いが増します。

使い始めは油分の吸い込みなどがはげしく

いきなり水や油がつくと染みになったりしますが

時間がたつとなじんで使い込むうちに気にならなくなります。

定期的にオイルで塗膜をつくっておくと安心です。

使い込んで艶がませばお手入れもぐっと楽になりますよ。

メンテナンスを楽しみながら長くお付き合い頂けるとうれしいです。

何か困った点、気になる点があればご遠慮なくご連絡ください。

 「 オススメのお手入れ法 」

気になるキズがあれば市販のサンドペーパー 細かいモノ)で磨いておきます。

粗いものから細かいものにしていくときれいになります。

但し、経年変化で艶・色が増したものは一部をこすると

目立ってしまいますのでご注意!

オイル(さらっとしているオリーブオイルやえごま油などでもよい

器の場合はなるべく純植物性のものにしましょう

を布かはけで表面にしみ込ませるように塗っていきます。

しばらく置いて余分な油分をしっかり拭き取ります。

そのまま1~2日乾かして乾拭きすると艶が戻ります

トップページ | ゲイミンカン »